STAFF BLOG

スタッフブログ

2023.06.30  |  スタッフブログ

企業倒産を救うための支援制度、ご存知ですか?

この夏、ゼロゼロ融資のピーク

 
新型コロナウイルスの感染拡大により、2020年には経済活動が停止しました。
その際、多くの企業倒産が心配されましたが、実際には政府や自治体による
「実質無利子・無担保融資(ゼロゼロ融資)」という緊急支援策が中小企業の
資金繰りを助け、大きな効果をもたらしました。
 
 
 
しかし、ご存知でしょうか?
今年夏に「ゼロゼロ融資」の返済がピークに達するのです。
 
 
 
2020年には政府の大号令のもと、資金繰りが厳しい企業でも融資を受けることが
できましたが、時間が経過するにつれてその効果は薄れ、業績回復の遅れた企業には
「過剰債務」として重い負担となっています。
 
現在、過剰債務問題は多くの中小企業にとって大きな足かせとなっており、また
社会情勢などの影響もあり新たな資金調達が難しくなる企業も増え続けています。
 

倒産リスクは回避できる

 
そのような中、東京商工リサーチが23年4月に行った調査では、「すでに収束した」と
回答した企業が35.7%もあり、アフターコロナの経済活動が進んでいると言えます。
 
しかし一方で、コロナ禍の影響が続いている企業もあり、
事業継続か廃業かの決断を迫られ、倒産のリスクが高まっています。
 
 
そこで政府は、2023年1月から「コロナ融資借り換え保証」という制度を導入しました。
これにより、ゼロゼロ融資以外の保証付き融資が可能 になりました。
 
特に、「伴走支援型特別保証制度」が注目されており、コロナ禍の状況から抜け出せて
いない企業には 資金繰りの円滑化や経営の安定、生産性の向上といったメリット があります。
 
 
 
しかし・・・
有効な制度があるにもかかわらず、金融機関の動きは鈍くこの制度自体が提案されていない企業も多いとの声が聞かれます。

伝えるべき情報を貴方のもとへ届けます

 
弊社PMGは、中小企業支援機構 として、傘備万全を理念に地域経済の発展に寄与しています。
私たちは金融機関よりも早い情報提供やサポート、適切な提案を行い、多くの企業再建の
事例を蓄積してきました。
 
今期は、企業倒産の増加が予想される中で、私たち「中小企業に最も頼られる支援機関」
問われる時が来たと考えています。
 
 
もし、お困りの企業がありましたら、ぜひ弊社にご相談ください。
私たちは迅速かつ柔軟な対応を心がけ、皆さんのニーズに合わせた最適な解決策を提案いたします。
 
中小企業の皆さんの成長と発展を応援しています。
共に困難を乗り越え、未来に向けて歩んでいきましょう!
 

 
 
 
 
引用:週刊エコノミスト2023.6/27・7/4合併号「外債ショック 逆風の銀行 ゼロゼロ融資コロナ禍明け、ついに返済開始 14カ月連続で増える企業倒産」

2023.06.16  |  スタッフブログ

経営者必見!換価の猶予制度の落とし穴とは?

突然ですが、
皆さんは「換価の猶予」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

コロナ禍を乗り越えた経営者なら一度は耳にしたことがあるかと思いますが、
今回は「換価の猶予」がきっかけで辛い決断をすることになってしまったお話をします。
 
 

コロナ対策の一環 換価の猶予制度

 
コロナ蔓延により経営が悪化した企業を救うために政府が行なった対策は、
助成金、特別枠融資など資金を与える一方で支払いを抑えるものもありました。
その方法の1つが換価の猶予制度です。
 
先の見えない情勢の中、企業の血液とも言える資金の確保は多くの経営者が
頭を悩ませていたため、この制度を利用した会社は多くありました。
コロナ感染拡大により影響を受けたA社もその一つです。
 
 
 
A社は長引く自粛期間に本業の売上はみるみる減少し、資金繰りが逼迫することを見越して
当時年金事務所に申請した結果  2年の猶予 を受けることが出来ました。
「こんな所で諦めるわけにはいかない」と、利益率の見直しや固定経費の削減といった
企業努力を続け、地道にコツコツとやってきた結果、徐々に利益率の増加が見込める様になりました。

このままいけばうまく行くかもしれない。
 
 
ようやく一筋の光が見えてきた矢先、事件は起きました。
 
 

換価の猶予の甘い罠

 
ある日、いつも通り仕事をしていると取引先の社長から電話が鳴りました。
普段直接連絡が来ることはないため、ふと嫌な予感がよぎります。
 
それは、年金事務所からの差押通知が届いたという内容でした。
もちろん看過の猶予期限が過ぎていたことは把握していたものの、丁度これからというタイミングで
資金繰りに余裕はなく、忙しいのも相まって放置してしまっていたのです。

猶予を受けた分を含めると溜まった支払いはゆうに月商を超えており、差押通知=取引先からの入金が
一切ない状態で数ヶ月耐え凌がなくてはならいことを意味します。
月末にかけて給与や外注費、リース代やクレジットカードの引き落としなど支払が続くというのに・・・
「頭の中が真っ白になり、この先どうなるのかという不安に押しつぶされそうになりました・・・」
 
 

取り返しがつかなくなるその前に!

 
看過の猶予も期限が過ぎれば支払い義務は当然発生し、滞れば今回同様 取引先へ差押通知 を送付され、
結果として事業者は 清算型倒産(社保倒産) に追い込まれるケースは多いと言います。
 
通常緊急を要する場合において、売掛債権早期資金化(ファクタリング)は即日の資金調達 が出来るため
非常に有効な手段です。
しかし、今回は先々の入金まで抑えられてしまっているため利用することは出来ず、
結果として事業の継続を諦める結果となってしまいました。
 
実際に差押の話は急増しており、同様の事態に直面する会社は今後も増えていくと思われます。
放置をしたり税理士など人任せにせず、少しでも不安があれば、払拭するためにお気軽にご相談ください。
 
1日でも早い対策が役に立つかもしれません。

2023.05.24  |  スタッフブログ

ピーエムジー株式会社 福岡支店 ~事務所移転・HPリニューアルのご報告並びにご挨拶

ピーエムジー福岡支店のスタッフブログをご覧いただきありがとうございます。
西日本営業統括本部 本部長の松本 優也でございます。

新緑が目に鮮やかな季節になりましたね。
当ブログをご覧の皆様はいかがお過ごしでしょうか。
気温の変動も激しいので体調管理には充分お気をつけください。

この度5月1日に弊社福岡支店は「博多駅センタータワー」へ移転しまして、それに伴いHPもリニューアルしました。
新住所は博多駅から徒歩2分とアクセスもいい環境となっております。
これもひとえに皆様のご支援の賜物と社員一同心より感謝いたしております。

予想外のパンデミックや深刻な災害により昨今の社会経済は激しく変動しておりますが、経営者には変わらず守るべきものがあると考えております。
企業に携わる関係者、従業員、家族、夢。
経営者の想いを守れるように弊社では自社のサービスを提供するだけではなく、どのように貢献すれば本当の意味でお客様のお役に立てるのかを常に考えて行動することを日々心掛けております。

西日本で経営を営む皆様、いつの日かお会いできることを楽しみにしております。
スタッフ一同日々精進して参りますので、弊社福岡支店を今後ともよろしくお願い申し上げます。

ピーエムジー株式会社
西日本営業統括本部 本部長
松本 優也

2021.10.15  |  スタッフブログ

九州の時短全面解除、活気戻る・・・?“夜の街”

日ごろからピーエムジー福岡支店ブログをご覧いただきありがとうございます。

西日本支社長の山内です。

新型コロナウイルス対策に伴う飲食店への営業時間短縮要請が15日、
九州で全面解除となりましたね。

私もこのタイミングで福岡支店に赴く予定があり、
福岡も街を観察してきました。

福岡、熊本両県で午後9時以降の営業が約2カ月半ぶりに再開し、
福岡市・天神では屋台が連なり、
九州最大の繁華街中洲でもバーやスナックの営業も本格化しているそうです。

当日午後6時の天神の目抜き通りでは、
時短要請中は休業していた屋台も久々に明かりを灯しているのを目にしました。

スナックやクラブが動き始める午後8時には、中洲の大通りは
時短要請期間中から一変していました。

ある生花店の社長は、「徐々に活気は戻っている」と口にしていました。
スナックやクラブなどの飲食店の営業再開を祝う花の注文が増えたそうです。

ただ、『期待と不安が半分半分』と話す方も多いのが実情です。

最大の書き入れ時の12月に感染拡大が重ならないか、気を揉んでいます。
私個人としても、活気のある元の中洲に戻ってほしいものの、
やはり新型コロナウイルスの第6波は怖いので、しっかり感染対策したいものです。

新型コロナウイルス感染者数がここのところ減少傾向にありますが、
これからの時期はインフルエンザなどの対策も必要となってきます。

第6波が広がらないよう、各々感染症対策は万全に行いましょう!

今後ともピーエムジー福岡支店をよろしくお願い申し上げます。

ピーエムジー西日本支社長
山内

2021.10.01  |  スタッフブログ

確認必須!ファクタリングは無担保無保証ということをご存じですか?

いつもピーエムジー株式会社オフィシャルブログをご愛読頂きまして、有難うございます。
ピーエムジー福岡支店の小林です。

今回お話させて頂きたいことが、
現在売掛債権早期資金化サービスをご利用の方、もしくはこれから利用しようと
ご検討頂いているお客様にお伝えさせていただきたいお話です。

「国内での認知度がまだまだ低く、売掛債権早期資金化サービスの内容がわからないと」
というお客様も多いので、ご説明させて頂きたいと思います。

売掛債権早期資金化サービスとは、銀行による融資とは違い、
担保や保証の必要がありません。

審査対象は売掛先の信用力ですので、
個人事業主さまなどの小規模事業者でも審査に通りやすいと言えます。

また、売掛債権早期資金化サービスの仕組みには、「2社間契約」と「3社間契約」があります。

2社間契約の場合は、御社さまとピーエムジーの2社のみで完結するため、
お取引先に売掛債権早期資金化サービスのご利用を知られる心配はありません。

3社間契約の場合、売掛先(御社のお取引先)の承諾を得なければご契約が出来ません。

ここでお伝えさせて頂きたいのは、
売掛債権早期資金化サービスには担保や保証は必要ないのです。

他社様からお乗換え頂くお客様からご契約内容など伺うと、
個人保証や個人担保を取られているといったケースが見受けられます。

初めてのことで当たり前のことだと思われていたようですが、
恐ろしいことですし、決してやってはならないことです。

初めてのご利用をご検討しているお客様、現在ご利用されているお客様も、
十分お気をつけ下さい。

何かございましたら、小さなことでもご対応させて頂きますので、
ご相談頂けましたら幸いです。

今後ともピーエムジー福岡支店を宜しくお願い致します。

ピーエムジー株式会社 福岡支店
営業部 小林

2021.09.24  |  スタッフブログ

佐賀県にて軽貨物運送業を営んでいらっしゃる企業さまの利用実例

いつも弊社のホームページ、利用事例をご覧いただき誠にありがとうございます。
ピーエムジー福岡支店 支店長の松本と申します。

今回のご利用事例は、一度お会いした後、ご連絡を何度かさせていただいていた
佐賀県にて軽貨物運送業を営んでいらっしゃる企業さまのご紹介です。

運送業界はコロナウイルスによる巣ごもり需要などで忙しくなり、
現在の従業員数は厳しいとのことでした。

受注量が増え、人材を外注で頼むにしても日払いや短期の雇用となり
一時的に資金ショートしてしまったとのご連絡いただきました。

緊急事態宣言によって多くの飲食店や商業施設が閉業してしまい、
運送業界では荷物の配送量が大幅に減少しました。

その一方でコロナウイルスによる巣ごもり需要で個人向けの配送量は増加しています。

緊急事態宣言やまん延防止対策等で外出自粛の傾向があり、
自宅からのネットショッピングや物を購入したり宅配サービスの利用が増えています。

このように外出自粛を支えているのも軽貨物運送業の方々だと思います。

今回のお客さまもおっしゃっていましたが、
荷物を配達するにあたり対面で人と接することが多く、一日のうちに沢山の方と接触します。

その中で、従業員さまにコロナウイルスの陽性者が出てしまい、
一時的に仕事ができない期間があったとのことです。

仕事はあるのに余儀なく収入を断たれ、治ってからも仕事が回らず
資金繰りがうまくいかなくなったとおっしゃっていました。

売掛債権早期資金化サービスは一時的な資金ショートや融資がおりるまでに
短期的にご利用していただくことが多いです。

今回のお客様も即日で対応してくれて助かると言っていただきました。

弊社はお客さまと二人三脚で経営改善を目指していきます。

不安定なご時世で今後なにが起こるか分からないので、
リスクヘッジの一つとして考えていただければと思います。

経営者様に一番に寄り添い、サポートさせていただきますので
お気軽にご相談いただければと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

ピーエムジー株式会社 福岡支店
支店長  松本

2021.09.17  |  スタッフブログ

他社ファクタリング業者から請求される諸費用・・それは本当に妥当なものですか?

いつもピーエムジーご利用事例をご覧いただきありがとうございます。

ピーエムジー株式会社 西日本支社長の山内です。

先日お問い合わせを頂き、ご契約させて頂いたお客様のお話をさせていただきます。

このお客様は長崎県で鮮魚の卸売を営む事業主さまで
私からのお手紙を見てくださり、お問い合わせを頂きました。

お問い合わせ内容としては、現在他社ファクタリングサービスをご利用中で
腑に落ちない点があるとのご相談いただきました。

お話を聞いていくと、契約毎にお客様の会社まで担当者が来て契約を交わしていたそうですが、
担当者と会う度に現金手渡しで事務手数料を5万円支払っていて、
領収書を渡されない事に不信感を持ったとご相談いただき
今回、弊社ピーエムジーへの切り替えに動いて頂きました。

他社ファクタリング業者は諸費用を請求してくる業者もありますが、
弊社は売掛債権売買手数料のみの費用で、
その他の事務手数料や交通費などは一切費用はかかりません!

登記などに関しても、他社のずさんな対応を耳にすることがよくあります。

他社さまのサービスをご利用中で、
諸費用のお支払いなどに関し、不信感やご不明な点をお持ちのお客さまは
是非一度弊社までお問い合わせ頂けたら幸いでございます。

もちろん、ご相談だけでも構いません。

お気軽にご相談ください。

ピーエムジー西日本支社長
山内

2021.09.10  |  スタッフブログ

遠方のお客様でもスピード感を持ってご契約が出来る『電子契約』のご紹介

いつもお世話になっております。
ピーエムジー福岡支店 営業部の小林です。

今回は当日のお申込みで、電子契約にて14時には着金完了したお客様の事例を
簡単にではございますが、審査からご契約からまでの流れをご紹介させていただきます。

弊社、ピーエムジー福岡支店は博多に拠点を置いております。

その日、お問い合わせがあったお客様は沖縄県のお客様でした。

前日の夜にお問い合わせいただいていたものの、
社長様と直接ご連絡を取れたのは、翌日の早朝でした。

早速お話を聞こうとすると
『現場仕事なのでお昼しか時間が取れないのですが今日資金調達出来ますか?』とのこと。

「もちろん可能ですが審査にあたり
身分証明書、請求書と通帳をそれぞれ3ヶ月分がご必要なのですがご用意は可能ですか?」

そうお聞きし、大丈夫とのことでしたので、メールにてお申し込みのご案内をし、
必要書類を頂ければ午後イチで着金までご案内できますとお伝えしました。

その後、お昼にお申込書と成因書類の提出をしていただき、審査はすぐに通りました。

このコロナ禍という時勢もあり、弊社では電子でのご契約も積極的に取り入れております。

本来ではお客様の会社へ赴き、その上で実際に顔を合わせてご契約をしますが
沖縄県ということもあり、今回は電子契約にて契約を締結し、
14時には資金調達が完了していました。

このように、弊社では電子契約をを活用することと、
最短30分の審査でお申込から着金まで最短1〜2時間で完了します。

当日に必要なお客様は結構いらっしゃるので
今後もお役に立てるよう経営者さまにとって最善を尽くしますので
今後ともどうぞ宜しくお願いします。

ピーエムジー福岡支店
営業部  小林

2021.09.03  |  スタッフブログ

何かあった時、何か起こってしまう前にピーエムジーを頼ってください!

いつもピーエムジーブログをご覧いただきありがとうございます。
ピーエムジー福岡支店 支店長の松本です。

さっそくですが、今回は私のお客さまの事例を共有させていただきます。

営業をしていて一番多いご返答であると実感するのが
「今は必要ないです」というお言葉です。

必要ないというのが一番だと私どもも考えております。
しかし資金ショートというものはいつ起こるか分かりません。

社長がいくら経営の事を考え、会社のことを考え、従業員さまのことを一番に考えていても
取引先のご都合などで資金繰りがズレてしまうということは珍しくありません。

「今は全く必要ないよ」と、おっしゃっていたお客さまに、
『それはこちらも承知しておりますので、その上でお話しさせてください』と
ご面談の機会をいただき、弊社のサービスをご提案させていただきました。

今後何かあった時の為に弊社とのお付き合いを一度でもしていただくと、
例えば本当に資金ショートが起きた時、

『その日のうちに資金がないと困る!』

という状況に陥っても、一度審査に通っている為、迅速に対応が出来ますとお伝えし、
では保険の為にと、ご成約に至りました。

集金代行も終わり、何かあればご連絡くださいとのことでやり取りは終了しましたが、
しばらくしたある日、そのお客様から急遽ご連絡が入りました。

売掛先から今まで一度もズレた事ないんだけど
入金が10日程ズレてしまうとの事で支払いに間に合わないんです

切羽詰まった声でお電話を頂戴したので、すぐにお話を聞きに行き、
翌日には資金が必要とのことで、成員書類をすぐさま審査部に提出しました。

このお客様の場合、過去に一度ご利用いただいているので
審査もスムーズに進み、当日中には契約・入金という運びとなり、

何かあった時の保険として契約しておいたことが功を奏したよ

という温かいお言葉を頂戴することができました。

会社はどのような状況で、いつ資金ショートに陥るかはわかりません。
しかし実際にその状況に陥ってしまった場合、銀行ではスピード的に間に合いません。

最短即日で資金調達が出来る弊社を保険の為に知っておく、
また、本当に必要になったときに最速で資金を手元にご用意するために
一度でもご利用いただくということは最善の選択であると私は考えています。

何かあった時、何か起こってしまう前にピーエムジーを頼ってください。

いざという時会社を守るために先行投資を考えてみませんか?

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

ピーエムジー福岡支店
支店長  松本

2021.08.27  |  スタッフブログ

ノンバンクから売掛債権早期資金化サービスへ移行されたお客さまの実例

いつも福岡支店のブログをご覧いただきありがとうございます。
ピーエムジー西日本支社長の山内です。

さて、本日は売掛債権早期資金化サービスの利用事例についてご紹介いたします。

地域:福岡県
業種:建設業
年商:12億
ご利用金額:1500万

弊社サービスのご利用を検討していただいた経緯は、
今まで利用していたノンバンク系のサービスが閉業してしまったことが大きな理由となります。

銀行からの借入もすぐには厳しく、知人からの借入や
下請け業者に待ってもらうなどの検討をしていたとのことでした。

そこで売掛債権を早期に流動化できることを知り、
弊社のホームページを見て頂いたことで、前向きに検討してくださいました。

建設業の方は入金サイトと支払いサイトが違ったりする影響で、
売り上げは立っていても資金繰りがスムーズにいかないことがあるかと存じます。

そんなときにセカンドファイナンスをご用意するのは、
今の時代スタンダードになってきたと言っても過言ではありません。

この代表者さまは、知人から借りるのも、下請け業者に待ってもらうのも信用に傷がつき
総業30年続けられてきたお仕事への影響を一番に懸念されていました。

利用していただいた感想としては、スピードがとにかく早く
査定から契約まで即座に対応してもらい、大変便利で助かったと仰っていただきました。

今後の流れとしては、キャッシュフローの改善を図るために
弊社でコンサルティングさせていただき、M&Aにて資金調達のサポートいたします。

その資金をもとに更なる事業拡大まで弊社と共に進めることになっております。

社長さまに「ピーエムジーに出会えてよかった」と仰っていただけたことが
私としても、何よりの財産になります。

今後も多くのお客様にお喜びいただけるよう、
日々謙虚に学びお客様にとって有益な情報提供やサポートをしていきます。

少しでもご興味をお持ちいただけたましたら、お気軽にお問い合わせください。

ピーエムジー西日本支社長
山内