オフィシャルブログOfficial blog

オフィシャルブログOfficial blog

製造業の皆様・・・資金繰りが悪化していてお悩みではありませんか?

22021年03月12日

ピーエムジー福岡支店の鈴木です。
いつもブログをご覧頂き、ありがとうございます!

 

さて今日は『製造業様』に焦点を当ててお話したいと思います。

 

製造業といえば、工場などの現場で働いているイメージが強いでしょうが、
実は様々な悩みを抱えていらっしゃるかと思います。

 

弊社のお客さまで言えば、家電製造や食品製造、衣料品の製造など
ひとくくりで”製造業”と言っても、分類すればいろいろな業界があります。

 

 

悩みはそれぞれ違うかと思いますが、
共通して、新型コロナウイルスの影響を受けていることは間違いありません。

 

では具体的にどのような影響を受けていらっしゃるのか、
またそのお悩みを解決するためにどのようなことをしていらっしゃるのか・・
それを解説していきたいと思います。

 

まず、新型コロナウイルスが蔓延する前から共通してお悩みとして挙げられるのは
『人材不足』かと思います。

 

国内製造業の業績は、売上高と営業利益とも増加傾向であるなど好調ではありましたが
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、状況は変化していると言えます。

 

従来から人材不足はどの業界でも悩みの種として挙げられていましたが、
なかでも技能人材を確保することが難しく、
今後は省人化やシステムの自動化を図る動きが活発になると考えられています。

 

他にもAIやIT、IoTといった媒体を利用して業務を合理化させるなど、
人材確保に悩みを抱えている企業ほどこれからの取り組みを重視するようになるかと思います。

 

また、製造業は昔から”資金繰りが悪化しやすい”業種であると言われてきました。

 

製造業が資金繰りに行き詰ってしまう理由として挙げられるのが
『資本が少ない上に、先に設備投資や仕入れ代金が発生してしまう』からです。

 

その後で売り上げが上がり、売掛金として入金される先行投資型であるからこそ
資金繰り多忙となり、資金調達を視野に入れなければいけない状況となってしまいます。

価格競争や値引き要請でさらに資金繰りの悩みは拡大する可能性がることも懸念点の一つです。

 

海外製品との価格競争に発注先から激しい値引き要請などを受けることとなり、
利益が減少してしまうことも悩みといえます。

 

さらに発生している売掛金の回収が遅れ、滞留在庫は増え、過大な設備投資の要請や
無計画な借入金増加なども経営状況を悪化させる原因になっていると言えます。

 

 

こうした製造業様の資金繰りにおいて、
弊社の売掛債権早期資金化サービスは有効的な方法です!

 

売掛先様からの入金が入るまでの期間に、つなぎ資金として、先に資金を調達することが可能です。

 

是非一度、お問い合わせ頂けたらと思います。

今後とも宜しくお願い致します。

 

ピーエムジー株式会社 福岡支店
営業部  鈴木 景喜

 

お問い合わせ

0120-958-661