オフィシャルブログOfficial blog

オフィシャルブログOfficial blog

6月12日に新たに実施が正式決定された『家賃支援給付金』の内容とは?

22020年06月19日

いつもピーエムジー福岡支店のブログをご覧くださり有難うございます。
ピーエムジー福岡支店 支店長の松本です。

 

先日6月12日、令和二年度二次補正予算の成立を受けて
新型コロナウイルスの影響で経営状況が悪化した企業への新たな支援制度、
『家賃支援給付金』の実施が正式に決定しました。

 

この給付金は、新型コロナウイルスの影響で
売り上げが大幅に減少しているテナント事業者が対象となり、
対象の事業者全員への給付を想定し、2兆242億円という巨額の予算が計上されています。

 

 

内容としては、直近の支払い家賃に基づき算出した
1ヶ月当たりの支援額(最大家賃の2分の3/月)の6ヶ月分を支給するとのことです。

 

気になる対象事業者ですが、資本金10億円以上の大手企業を除く中堅企業、
中小企業や小規模事業者、個人事業主に該当する国内のテナント事業者様です。

 

また、既に実施されている持続化給付金と同様、
今年3月までに新規創業した事業者なども給付対象とする方向だそうで

インバウンド需要の回復が難しいことから、景気の見通しはあまり良くない状況ですが
緊急事態宣言解除後の街は、順調に人手の回復も見られています。

 

対象要件としては、”今年5月以降の単月の売り上げが前年同月比で50%以下、

または3ヵ月連続の平均売り上げが30%以上減少していること”となっています。

もう既に実施されているものとして「持続化給付金」などがあり、
申請要件は似ていますが、実際のところ
売り上げ減少の確認期間が『本年5月以降』とされているので、注意してください。

 

 

このような給付金は、飲食業や小売業などの事業者様にとって
今後の年末商戦での巻き返しに向けた貴重な中継ぎ支援となり得るものかと思います。

 

給付金の詳細については経済産業省のホームページにて確認できますので
興味がある方は是非下記のリンクより確認してみてください。

家賃支援給付金

従業員数:{{support.max_employees_count | addComma}}人以下 資本金:{{support.max_capital | tenThousandUnits | addComma}}万円以下 創業:{{support.max_established_years | addComma}}年未満 {{support.reception_start_date | datetimeFormat}} ~ {{support.reception_end_date | datetimeFormat}} ※{{support.reception_remarks}}

 

こうした国の行政機関の制度が利用できるのが一番ですが、
実際のところ、手続きや審査には膨大な時間を要する事が予想されます。

 

 

現に、日本政策金融公庫の新型コロナウイルス感染症特別貸付も
審査してもらうまでに必要な手続きが複雑で、

なおかつ審査が通ってからも実際に資金を受け取るまでには相当な時間を要したと
どの経営者様も口を揃えてお話されていました。

 

早急な資金繰りには国の融資では時間的に厳しいものがあります。

 

そんな時、弊社のファクタリングサービスであれば
最短即日で売掛金の資金化が可能です。

 

 

急場の凌ぎに大いに役立つサービスとなっておりますので
この日本経済、世界経済が厳しい今こそ
多くの経営者様にお問い合わせをいただいております。

 

 

是非、ご検討頂ければ幸いです。
今後ともピーエムジー福岡支店を宜しくお願い致します。

 

 

ピーエムジー株式会社 福岡支店
支店長  松本

お問い合わせ

0120-958-661