オフィシャルブログOfficial blog

オフィシャルブログOfficial blog

遅れてやってきた“3度目の梅雨”・・・お仕事に影響は出ていませんか?

22021年08月13日

いつもピーエムジー福岡支店ブログをご覧いただきありがとうございます。
福岡支店 営業部の鈴木です。

 

九州地方で11日から降り続く雨は、少なくともあと1週間は続く見通しだそうです。

 

例年なら太平洋高気圧に覆われて晴天が続く時季だですが、
対馬海峡付近に前線が停滞し、専門家は「非常に珍しい気象条件」と指摘しています。

また、「3度目の梅雨のようだ」と災害を警戒する声もよく耳にします。

 

 

今年の九州北部の梅雨入りは5月15日で、統計を取り始めて2番目に早かったそうです。

ただ、しばらく晴天が続き、再び梅雨空となった6月中旬以降は
「2度目の梅雨入り」と受け止められました。

 

そのまま九州北部は大規模な災害に見舞われることなく、7月13日に梅雨明けを迎えたはずでした。

 

福岡管区気象台などによると、大陸から延びる前線は対馬海峡付近に停滞。
この時季には日本列島を覆うはずの太平洋高気圧が、九州全体を覆うほどに張り出していません。

このため、前線と高気圧に沿って流れ込む二つの暖かく湿った空気が
九州付近で合流して大雨を降らせているそうです。

 

日本気象協会九州支社の松井渉気象予報士によると、11日からの雨をもたらしている気圧配置は
例年であれば「7月上旬や中旬の梅雨末期にみられる」ということです。

季節外れの長雨は1週間先まで続くとみられ「遅れてきた梅雨」の様相を呈しています。

 

また、災害の危険性も高まっています。

 

現在の気圧配置は、広い範囲に浸水被害を出し、
佐賀と福岡両県で4人が亡くなった2019年8月の記録的大雨に似た状況だということです。

雨の勢いが強まったり弱まったりを数日繰り返し、
線状降水帯が発生すれば大規模災害に繋がりかねないと警鐘を鳴らす声も連日報道されています。

 

こうした不測の事態では、建設業の経営者様の場合
工事が予定通りに進められなかったり、運送業の経営者様も運送に遅延が出てしまったりなど
様々なトラブルが起きてしまう場合があります。

 

そういった場合、銀行融資などの資金調達では、調達までに時間を要しますが
弊社ピーエムジーであれば即日対応が可能ですので、経営者様のお力になれると自負しております。

 

リスク回避の一つの手段として、ぜひ弊社ピーエムジーを認識しておいていただけると幸いです。

今後とも福岡支店を宜しくお願い致します。

 

 

ピーエムジー福岡支店

営業部  鈴木

 

お問い合わせ

0120-958-661