オフィシャルブログOfficial blog

オフィシャルブログOfficial blog

資金調達だけじゃない!ファクタリングの活用法

22019年12月13日

平素よりピーエムジー福岡支店ブログをご覧頂き、誠に有難うございます。

ピーエムジー株式会社 福岡支店 営業部の鈴木です。

 

 

さて、弊社ではファクタリングサービスを様々な中小企業様や個人事業主様にご提供していますが
実は”資金調達以外のメリットもある”ということをご存じでしょうか?

 

『ファクタリング=資金調達』が強いですが、

実際に資金調達以外の面でファクタリングをご利用になられている経営者様は沢山居らっしゃいます。

以下にそのメリットをまとめました。

 

 

●売掛債権の管理

ファクタリングは資金調達の際、売掛債権を売買するものですが
通常、その売掛債権の管理は自社で行うものです。

 

売掛債権の管理マニュアルがある会社もあればマニュアルを持っていない会社も多く、
管理が行き届かずに回収遅延や貸し倒れに陥る場合もあります。

 

自社で売掛債権の管理が出来ていない場合、それを立て直すのは決して容易ではありません。

そこでファクタリングを利用するメリットが発生します。

 

売掛債権を一括でファクタリングすれば
徐々に管理体制を作っていける上に、管理が行き届くようにもなります。

 

また、長期的な契約を検討している事を予めファクタリング会社に伝えておくと
将来的に発生する売掛債権も視野に入れて随時ファクタリングするので、
定期的な取引先の信用調査など、売掛債権の管理が容易になります。

 

 

●リスクヘッジ

リスクヘッジとは、起こりうるリスクをある程度予測し、
リスクに対応できる体制を取って備えることを意味します。

 

例えば資産運用において、資産価値が一方的に下落することを最小限に食い止めるため、
先物取引を使ってリスクを回避する方法などがこれに値します。

 

ファクタリングにおいては、売掛金が回収不可能になってしまった際に
償還請求権の無い契約を結んでいれば、
そのリスクはファクタリング会社が負うものになります。

 

予期せぬ貸し倒れに見舞われてしまった場合なども
ファクタリングをすることによって経営者様が被害を受けることはありません。

 

 

●財務状況の改善

複数の売掛債権をファクタリングし、まとまった資金を調達すれば
流動性の低い売掛債権の残高が減り、現金が増えることになります。

要するに、財務が圧縮されることにより、財務改善に繋がるということです。

 

財務状態が改善されれば取引先からの信用の向上に繋がり、
今後の取引も好影響をもたらしてくれます。

 

 

 

ファクタリングでは売掛債権の売買によって資金調達が可能ですが
それ以外にもメリットは沢山あります。

 

ファクタリングをご検討の際は、こういったメリットについても

弊社の営業スタッフがご提案させて頂きますので
是非一度、ピーエムジー福岡支店までお問合せ下さいませ。

 

 

今後とも宜しくお願い申し上げます。

 

ピーエムジー株式会社 福岡支店
営業部  鈴木

 

お問い合わせ

0120-958-661