オフィシャルブログOfficial blog

オフィシャルブログOfficial blog

企業活動に影響が及んでいる、”いま”の3業種企業の声

22020年03月19日

日頃よりピーエムジー福岡支店のブログをご高覧頂き誠にありがとうございます。
ピーエムジー福岡支店 営業部の鈴木です。

 

ここのところ新型肺炎のニュースばかりで心が休まらない状態ですが
皆様は「催眠負債」という言葉をご存じでしょうか。

 

睡眠時間が明らかに少なければ自覚症状が現れますが
睡眠が少し足りない程度の時はほとんどの人が気付かないものです。

そのため、一日では僅かな睡眠時間だとしても、
それが積み重なるといつの間にか借金のように膨らんでしまうのが「睡眠負債」です。

 

それを改善するためには、まず第一に『寝つきを良くすること』です。
アメリカの睡眠研究では眠り始めの90分に深い眠りに入ることが良質な睡眠の条件とされています。

 

深く眠れればその後の睡眠のリズムが整い、翌朝気持ち良く目が覚める事で
規則正しい日中の生活リズムも作りやすくなります。

 

①ヒーリングミュージックなどの耳に優しいスローなリズム

②脳の疲れなどを癒やすアロマ

③目を閉じていても関じる程度のほのかな明るさ

④心身がくつろげる温度・湿度・寝具

上記の4つが寝つきを良くするポイントですので是非参考にしてみてください!

 

 

さて、今回のブログでは、新型肺炎に関する
「建設」「資材・住設機器商社」「製造」の3業種の企業様の声をご紹介します。

 

●建設
建設資材は中国経由のものが少なくないので、
輸入遅れから調達難に陥っており、現場が遅れているケースが散発される。

 

●資材・住設機器商
中国での生産が出来ず、大手メーカーが水回りの住設機器の新規受注をストップしている。

施主への住宅引き渡しが出来ないので、
施主から支払いがなかなかされない建築業者がその先の資材卸業者への支払い延期要請を行っている。

既に延滞になっている企業や、支払い延期を相談している企業もあると聞かれる。

 

●製造
大手がリモートワークなどを進めることで、下請けの中小企業にしわ寄せがきている。

人手不足の中、政府からも残業の制限を厳格化されることで仕事が回らない。

納期に間に合わないと違約金が発生するため外注に頼らざるを得ず、収益が悪化している。

 

 

このような声が多くみられています。

 

一部の専門家からは「気温が上昇するにつれてウイルスの感染力が弱まる」との指摘も出ていますが、
それが本当に実現するかは不透明な部分がまだ多いです。

 

長期化するリスクも軽視する事はできません。

そうした場合に今後も企業活動への影響が出てくるかもしれません。

 

もし資金繰りでお困りになった際、『売掛債権(売掛金)』があれば弊社で資金調達が可能です!

 

弊社は売掛債権を買い取るサービスを行っており、安全に、迅速に資金調達して頂けます。

 

ホームページ上に詳細な説明も載せており、お電話でのお問合せにも対応しておりますので
少しでも資金繰りをお考えの方は是非一度ご連絡下さいませ。

 

今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

 

ピーエムジー株式会社 福岡支店
営業部  鈴木

 

お問い合わせ

0120-958-661