オフィシャルブログOfficial blog

オフィシャルブログOfficial blog

コロナ禍での資金調達・・・銀行の貸し剥がしにも注意が必要です!

22020年12月04日

日頃よりピーエムジー福岡支店のブログをご覧頂きありがとうございます。
ピーエムジー株式会社 福岡支店 支店長の松本です。

 

コロナの影響は計り知れず、経営に打撃を受けている会社は非常に多いですね。
売り上げが90%以上減ったという話もよく耳にしますし、
実際に倒産してしまった会社も相当数あります。

 

さらにこれから先も、もっと多くの会社の経営状況は悪化するのではないでしょうか。

 

そんな中、コロナに関する給付金や実質無利子の融資が登場し、
多くの会社が一時的に資金繰りを改善することが出来ているかと思います。

 

日本政策金融公庫は「新型コロナウイルス感染症特別貸付」という
実質無利子・無担保の融資を開始しました。

 

同様に多くの銀行も実質無利子・無担保の融資を開始しました。

参照:新型コロナウイルス感染症特別貸付
参照:民間金融機関による融資

 

コロナの影響でどこまで世界不況が続くか分かりませんが、
現在は銀行から融資を受けやすい状況で、これはある意味チャンスでもあります。

 

そのため、一つの考え方ではありますが、
必要がなくても万が一のため融資を受けておくのも悪くはないと思います。

 

 

ただし、この先世の中がどうなるか分かりません。
銀行による貸し剥がしが発生する可能性も完全に否定はできません。

 

ちなみに会社が資金調達する際には、資金難になってからでは遅いです。

 

お金がない会社への融資は、返済の不安があるため実行されにくいです。
なので会社に資金があるうちに資金調達する方が良いとされています。

 

繰り返しになりますが、この先、世の中がどのような状況になっていくかは
まだまだ不透明な部分です。

 

状況が悪化していくとすれば、貸し剥がしは現実のものとなる可能性があります。
そして貸し剥がしが行われるようになれば、当然「貸し渋り」も発生します。

 

今までであれば融資していた条件の会社にも融資をしなくなる状況になるため、
余計に資金調達が難しくなっていきます。

 

 

このように、不安が残る融資ばかりではなく、
弊社のようなファクタリングサービスも視野に頂ければと思います。

 

今後ともピーエムジーを宜しくお願い申し上げます。

 

ピーエムジー株式会社 福岡支店
支店長  松本

 

お問い合わせ

0120-958-661